コフラン(Coghlan’S) A&FホットサンドクッカーをIHクッキングヒーター「ミニチュラ」で使えるか試してみた。

ごはん

こんにちは。ととほりです。

大阪キャンピングカーフェア2021 〜秋の大商談会〜でキャンピングカーを15年ローンで契約し、2020年6月に中古車で購入したキャンピングカーを売却したので、車中泊ができない生活を過ごしています。

大阪キャンピングカーフェア2021 〜秋の大商談会〜でキャンピングカーを15年ローンで契約しました。
こんにちは。ととほりです。「RECVEE(レクビィ)さんのプラスDDよりも恋してしまう一晩中クーラーを稼働できるバンコン探し」を目的に大阪キャンピングカーフェア2021に行き、プラスDDとカントリークラブの間で、気持ちが揺れ始めた...

キャンピングカーを売却して約3カ月しか経っていませんが、車中泊したくてうずうずしています^^;。

今回は2022年11月のキャンピングカー納車(予定)に向け、コフラン(Coghlan’S)A&Fホットサンドクッカーをdretec(ドリテック) DI-218 IHクッキングヒーター「ミニチュラ」で使えるか試してみたので、シェアしたいと思います。

なぜガスコンロではなくIHで調理したいのかというと、事故防止のため、できるだけ車内で火を使わないようにしたいと思っているからです( ´艸`)。

尚、「ミニチュラ」への給電は手持ちのJVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-Cで行います。

スポンサーリンク

コフラン(Coghlan’S) A&Fホットサンドクッカーとは?

コフラン(Coghlan’S) A&Fホットサンドクッカーについては、こちら↓をご確認ください。

家キャンプ朝ごはん コフラン ホットサンドクッカーを買ってよかった5つの理由
こんにちは。ととほりです。今は、STAY HOMEでキャンプにも行けませんが、朝ごはんでキャンプ気分を味わいたいと思い、コフラン(Coghlan'S)A&Fホットサンドクッカーを購入しました。本当に買ってよかったと...

dretec(ドリテック) DI-218 IHクッカー「ミニチュラ」とは?

dretec(ドリテック) DI-218 IHクッカー「ミニチュラ」については、こちら↓をご確認ください。

dretec(ドリテック) DI-218 IHクッカー「ミニチュラ」とケンウッドのポタ電:BN-RB6-Cでお湯を沸かしてみた。
こんにちは。ととほりです。大阪キャンピングカーフェア2021 〜秋の大商談会〜でキャンピングカーを15年ローンで契約し、昨年6月に中古車で購入したキャンピングカーを売却して、車中泊ができない生活を過ごしています。キ...

コフラン(Coghlan’S) A&FホットサンドクッカーはIH対応か?

コフラン(Coghlan’S) A&FホットサンドクッカーのメーカーHPでIH対応について調べてみましたが、IH対応に関する記載はなく、わかりませんでした(´;ω;`)。

https://www.aandfstore.com/store/commodity/0/11210284

Amazonのコフラン(Coghlan’S) A&Fホットサンドクッカーのカスタマー Q&Aでは、IH非対応との記載がありましたが、IHで毎日使用しているという方もいらっしゃいました(^_^;)。

IH非対応の記載もメーカ公式のものではないため、はっきりしませんが、メーカーのHPでIH対応と明記されていないため、IH非対応と考えた方がよさそうです。

IH非対応のものをIHで使用したらどうなるのか?

IH非対応のものをIHで使用したらどうなるのか調べてみました。

IH非対応の代表的なものは、鉄以外の調理器具(土鍋・アルミ鍋等)になり、その場合は加熱することができません。

理由はIH=Induction Heating(誘導加熱)の言葉の通り、IH調理器内部の渦巻きコイルが発生する磁力線で鍋底に渦電流を発生させて鍋を加熱する仕組みになっているため、鍋が電流を通さない(通しにくい)素材の場合、加熱できません⤵。

コフラン(Coghlan’S) A&Fホットサンドクッカーの素材は鋳鉄のため加熱できますが、過熱しすぎてしまうことがあるようです(;゚Д゚)。

鋳鉄は冷めにくいからでしょうか?

過熱しすぎてしまうと、最悪の場合は火災の危険性があります。

そのため、
コフラン(Coghlan’S) A&FホットサンドクッカーをIH調理器で使うことは自己責任になります。

ホットサンドを焼いてみた結果

ハムサンドを作ろうと思ったのですが、冷蔵庫にハムがなかったので、替わりにベーコンをホットサンドクッカーで焼いた後、サンドすることにしました。

JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB6-Cの出力は500W(瞬間最大1,000W)のため、「ミニチュラ」の火力を500Wに設定しました。

ベーコンが焼ける香ばしい匂いが部屋いっぱいにひろがります( ´艸`)。

車の中ではやめた方が良さそうです(^^;)。

焼けたベーコンをパンに乗せて、上からチーズを乗せようとした瞬間「E6」のエラー表示が出て、アラームが鳴りました(゚д゚)!。

加熱を開始してから、約2分30秒のことでした⤵。

取扱説明書を確認すると、「E6」のエラーは、温度過昇防止の安全機能が働いた状態で、
”空焚きなどで鍋底の温度が異常に上昇すると、「E6」が表示され、「ピッ」とアラームが鳴り続け、自動的に加熱を停止します。”
とのこと。

やはり過熱が原因でした(-_-;)。

エラー表示が出てから約2分30秒後に加熱を再開しました。

片側2分ずつ焼いて(計4分)、こんな焼き加減になりました( ´艸`)。
ちなみにパンは10枚切り相当です。(5枚切りを半分にして10枚切りにしました。)

ベーコンを焼いていた側は、少し焦げてしまいました^^;。

ホットサンドを切ると、チーズが溶けていい感じでした( ´艸`)。

トータル約6分30秒加熱した結果、ポータブル電源の残量は77%→65%になりました(▲12%)。

まとめ

コフラン(Coghlan’S)A&Fホットサンドクッカーをdretec(ドリテック) DI-218 IHクッキングヒーター「ミニチュラ」で使えることがわかりました。

但し、500Wの火力で約2分30秒連続加熱すると、温度過昇防止の安全機能が働き(「E6」エラー)、加熱できなくなりました。

今回はベーコンを焼くために約2分30秒連続加熱して「E6」エラーが出ましたが、サンドの片側で2分30秒を超える連続加熱をしなければ、問題なさそうです。

キャンピングカー納車後、車中泊時の朝食はホットサンドで決定です!!!

コフラン(Coghlan’S)A&FホットサンドクッカーはIH調理器で使えるのか知りたい方の参考になれば嬉しいです。

但し、コフラン(Coghlan’S)A&FホットサンドクッカーはIH対応ではなさそうですので、
コフラン(Coghlan’S) A&FホットサンドクッカーをIH調理器で使うことは自己責任でお願いします。

ではまた。

ごはん
スポンサーリンク
ととほりをフォローする
ととほりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました