レトロ自販機「うどん・そば自動販売機」のうどん・そばに卵をトッピングしてみた。

ごはん

こんにちは。昭和生まれのととほりです。

昭和ノスタルジックを味わうために、ははほり(妻)とレトロ自販機でランチをしてきたので、紹介したいと思います。

行ってきたお店はココ↓

神戸市東灘区にある石田鶏卵さんです。

石田鶏卵さんにあるレトロ自販機は「うどん・そば自動販売機」です。

お店の近くは工場が多く、そこで働かれている方々のコンビニ的な感じですが、石田鶏卵さんの本業は、業務用・小売店用鶏卵の販売です。

業務用・小売店用鶏卵を販売。神戸市東灘区の石田鶏卵株式会社では、養鶏場直送の安全でおいしい卵を飲食店、ホテル、給食事業の皆様に向けて販売しております。 各種・サイズ豊富に取り揃えておりますので、何でもご相談ください。

引用元:業務用鶏卵・液卵 | 石田鶏卵株式会社 | 神戸市東灘区 (ishida-keiran.com)
業務用鶏卵・液卵 | 石田鶏卵株式会社 | 神戸市東灘区
業務用・小売店用鶏卵を販売。神戸市東灘区の石田鶏卵株式会社では、養鶏場直送の安全でおいしい卵を飲食店、ホテル、給食事業の皆様に向けて販売しております。 各種・サイズ豊富に取り揃えておりますので、何でもご相談ください。

石田鶏卵さんの本業が鶏卵販売ということで、レトロ自販機「うどん・そば自動販売機」に”たまには月見でもいかがですか?”という勧誘チラシが貼ってあります(下図の赤枠部)。

勧誘にまんまと乗ってしまったととほりは、店内で卵を買うことにしました(^^;。

”とろ~りたまご(半熟たまご)”が売り切れていたので、”龍のたまご”と”高砂の夕日”をそれぞれ1個ずつ買いました(各60円/個)。

”龍のたまご”は大分県産の卵で、餌にパプリカなどを入れているため、黄身が赤いのが特徴&栄養価も高いそうです。

”高砂の夕日”は、兵庫県高砂市産の卵で、こちらも餌にパプリカなどを入れており、黄身が赤いのが特徴です。

また、餌に木酢液も加えており、卵特有のにおいを抑えているそうです。

株式会社籠谷
株式会社籠谷は、「たまご事業」「電気事業」「ファーム事業」を通して、長年培ってきた実績やノウハウを生かし、みなさまのご要望に誠意をもって対応します。

卵を片手にレトロ自販機「うどん・そば自動販売機」に向かい、お金(230円)を入れてボタンを押すと、25秒のカウントダウンが始まります。

25秒後、チンっと鳴った後、そばが勢いよく出てきました(゚д゚)!(動画の1分49秒付近)。

やけどしないように取り出します。

天ぷらうどんに”龍のたまご”、天ぷらそばに”高砂の夕日”を入れ、うどんはととほり、そばはははほり(妻)が食べました。

卵の黄身の味が濃く、美味しい天ぷら月見うどんでした。

2人とも完食しました( ´艸`)。

昭和ノスタルジックを味わいたい方は、是非、石田鶏卵さんのレトロ自販機「うどん・そば自動販売機」まで!

必ず店内で卵を買ってくださいね~。

ととほりは、売り切れていた”とろ~りたまご”が気になっています。(^^;

ではまた。

ごはん
スポンサーリンク
ととほりをフォローする
ととほりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました