ハイエース200系のキャンピングカーにも装着できるレカロシートをTRIAL(トライアル)に見に行ってみた。

キャンピングカー

こんにちは。ととほりです。

2014年式ハイエース200系4型ワイドロングをベースにアネックス社が架装した3ナンバーのキャンピングカー:ファミリーワゴンCに乗っています。

3ナンバーのライトキャンピングカー(バンコン)を1年間使用したレビュー
こんにちは。ととほりです。2014年式ハイエース200系4型ワイドロングをベースにアネックス社が架装した3ナンバーのキャンピングカー:ファミリーワゴンCに乗っています。キャンピングカーの購入条件が、「個人間カーシェアリング...

ファミリーワゴンCはバンではなく、ワゴンベースの車なので運転席シートの座り心地は悪くありませんが、長時間のドライブで腰が痛くなることがあります(´;ω;`)。

ととほりはぎっくり腰がクセになっており、自慢ではありませんが旅行中に旅先の整形外科にお世話になった経験もあります(^^;。

昔、愛車のロードスターにヤフオクで買った中古のRECARO(レカロ)シートを装着し、その良さを実感済みのととほりが、ファミリーワゴンCにも装着できるRECARO(レカロ)シートをTRIAL(トライアル)に見に行ってみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

TRIAL(トライアル)とは?

TRIAL(トライアル)は大阪府堺市にあるカーチューニングショップで、国内で唯一のRECARO(レカロ)メディカルショップです。

レカロメディカルショップとは、腰痛が気になる方も気にならない方でもコンフォート系の最高峰でもあり、腰痛予防を重視したオルソペドまでもが試座りでき、さらに運転される方一人一人に座面角度を合わせられる技術と腰痛予防、腰痛対策のメディカル知識が豊富なショップのことです。

引用元:https://www.trial.co.jp/osaka/event/recaro/recaro_.html

店内に試座用のレカロシートがあり、実際に座ってみることができます。

※緊急事態宣言中は時短(10:00~18:00)かつ、完全予約制になっています。

トライアル(TRIAL)|大阪のチューニングショップ|RECARO レカロ|トップページ
大阪府堺市のTRIAL(トライアル)(Tel072-369-3539)は エアロ、...

入り口は常時全開、自動検温器・消毒液の設置等、感染症対策も万全にされていました。

TRIAL|コロナ対策について
コロナに負けるな、短期アルバイト募集のお...

ハイエースにおすすめのレカロシート

ネットでの来店予約フォームに車種を入力する欄があり、予約フォームを見ながら接客してもらえたので、ハイエースにおすすめのレカロシートをスムーズに教えてもらいました。

ハイエースの運転席・助手席の乗り降りしやすさを考えると、座面のサイドの盛り上がりが低いF座面(フラットタイプの座面)のものが良いとのことです。

SR-7F

スポーツシートのSR-7Fにはシート素材違いで3種類あり、すべてに座ってみましたが、体が包み込まれる感じに差はありませんでした( ´艸`)。

やっぱりレカロはいいですね~。

SR-7F KK100

滑りにくい起毛素材のカムイ生地をシート全体に使用しています。
起毛だけに夏は暑いそうです(´;ω;`)。

下の写真はF仕様ではない(座面のサイドの盛り上がりある)SR-7 KK100です。

店外に展示されていたハイエース200系ワイドロングにSR-7F KK100が装着されていたので、こちらにも座らせてもらいました( ´艸`)。

ホールド感が最高です。

また、ローポジションのシートレールのおかげでアイポイントが今よりも低くなり、運転しやすくなると思います。

見積り後に座らせてもらったのですが、アームレスト有で見積もるべきだったなと思いました^^;。

ただ、カムイ生地はやっぱり夏は暑そうです(^^;。

SR-7F GK100

KK100から座面と背面が通気性を考慮したメッシュ生地に変更されているのが、GK100です。

SR-7F GU100

GK100から背面と座面の周りがウルトラスエード(東レのスエード調人工皮革)生地に変更されているのが GU100です。

ウルトラスエードのブラウンがいい色で、高級感がありました。

LX-F

コンフォートシートのLX-Fを2種類座ってみました。

LX-FのシートフレームはSR-7Fと同じだそうですが、シート形状の違いから座った感じはSR-7Fよりも軽いホールド感です。

ととほりはSR-7Fのホールド感の方が好みでした。

LX-F IN110

座面と背面が通気性に優れた3Dエア、それ以外が耐久性に優れたナルド生地を使用しています。
3Dエア生地の在庫がなくなり次第、別の生地に変更になり、同時に値上げされる予定とのことでした。

LX-F TR NN

TRIAL(トライアル)のオリジナルモデルで、トラック専用モデルになります。

耐久性に優れたナルド生地をシート全体に使用しています。

ハイエースなど、運転席が高い車は乗り降りの繰り返しで座面サイドを傷めやすいため、座面だけ交換できるのが、このシートの特徴になります。

ちなみに、ととほりもははほり(妻)も、ファミリーワゴンCから降りるときにシート座面の横からすべり降りています^^;。

お店の方にいただいたLX-F TR NNのパンフレットになります。

パンフレットの右面には LX-F TR NN以外のモデルも掲載されています。
F座面仕様はトラック専用モデル扱いのようです^^;。

TRIAL(トライアル)のホームページにあったLX-F TR NNの商品紹介です。

RECARO(レカロシート) LX-F TR NN BK(アームレストの穴付きタイプ)

ホームページの商品紹介で、オプションで座面カバーがあることを知りました。
SR-7Fにも装着できるようです。

引用元:https://www.trial.co.jp/osaka/event/recaro/comfort_lxfnn.html

見積り結果

SR-7F GK100とLX-F TR NNの見積りをお願いしました。

見積り条件は運転席・助手席の2脚で、どちらもアームレスト無し・シートヒーター無しです。

尚、別売のアームレストを取り付ける予定がある場合は、アームレスト取り付け可能な品番で注文する必要あります。 アームレスト取り付け不可の品番にアームレストを後付けできません。
(アームレスト装着可能な品番はプラス¥3,300)

見積り結果を待っている間、レカロのオフィスチェアに座ってドリンクをいただきました。

次男もレカロのオフィスチェアに座って、ご満悦でした(笑)。

このチェアで仕事したいと思いました( ´艸`)。

仕事がはかどるかも?!

SR-7F GK100の見積り結果

シートとレールの組込み費・取付作業費込みで税込¥255,500でした。

LX-F TR NN の見積り結果

シートとレールの組込み費・ 取付作業費込みで税込¥266,000でした。

通販の場合は取付作業費がカットになり、送料が追加されます。

ちなみに、ととほりの場合はお店からの送料が約¥3,500/脚とのことでした。

購入する場合は、お店まで自分で取りに来て、家に持って帰ってDIYで装着しようと思っていましたが、8,800-3,500=¥5,300/脚で取り付けてもらえることになるので、再考すべきかなと思いました。

お店で取り付ける場合は、体格にあわせて調整しながら取り付けるとのことでしたので。。。

まとめ

ファミリーワゴンCにも装着できるRECARO(レカロ)シートをTRIAL(トライアル)に見に行きました。

お店の方のおすすめは、

”ハイエースの運転席・助手席の乗り降りしやすさを考えると、座面のサイドの盛り上がりが低いF座面(フラットタイプの座面)のものが良い”

とのことでした。

ととほりはSR-7F GK100のアームレスト有・座面カバー追加で購入の検討をしたいと思います。

見積りはアームレスト無でお願いしましたが、やっぱりアームレスト有の方が快適でした(^^;。

また、今の降り方(シート座面の横からすべり降りる)を考えると、座面カバーがあった方が良いと思いました。

アームレスト有で¥14,300/脚、座面カバー追加で¥8,800/脚、合計¥23,100/脚→¥46,200/2脚のアップになり、30万円オーバーの買い物になります(゚д゚)。

熟考することにします(^_^;)。

ハイエース200系のシートをレカロシートに交換しようかなと考えている方の参考になれば嬉しいです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました